リリエンベルグのクリスマスケーキの味

  • 2014.12.24 Wednesday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般

 な、何と電車に乗って(乗車時間1h40m程度)、

新百合丘駅近くにある「リリエンベルグ」へ

電車はた多摩川を越えて、西へ西へ。



予約済のクリスマスケーキを引き取りに行く。

やっと、とうちゃこ、「新百合丘駅」。



 駅前から、徒歩でも15分程度で「リリエンベルグ」へ

駅前には「昭和音楽大学」、

美しい「モニュメント」もあったり。



 到着すると、ご覧の通りの予約済の大勢の人が

整然と並んで、順番待ち。

このお店、予約するのも大変らしく、

あっという間に、予約も終了するらしい。



 お店の駐車場から、全体を撮影すると、

なかなか雰囲気のある建物であることに気が付く、

円筒形の大きな建造物と屋根に生えている天然ものがいいではないか。



 待ち時間が相当に長いので、

近くを散策した。

近辺は丘、そして坂、続いてマンション群が目立つ。



 公園内を散策しようと、

アイフォン片手に地図検索、

ようやく到着するも、遊び場などはない。

単なる緑地帯のみ。(>_<)



 購入したこのケーキのお値段は6千円也。

お味の方は、何層にもなる甘さが格別で、

この世の物とは思えない、とろけるような格別な美味しさに圧倒された。



 まさに、この味は、他に害をもたらさない「麻薬」だった。

余りにも美味しすぎて、量的にはなかなか進まないのも特色か?

一度、TVで紹介されてから、人気が「うなぎのぼり」とか。

かくして、快晴の天皇誕生日が過ぎて行った。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM