日本 vs コートジボワール (1−2)の敗戦

  • 2014.06.16 Monday
  • 06:15
JUGEMテーマ:日記・一般

  コートジボワールの神様が不在の前半の富士山の戦い、

青色吐息で、なかなか日本のサッカーができていなかった。

シュートが思うように打てない、ボールを奪われて、走らされる。


 後半に入り、予定通り神様がやって来た。

コートジボワールのサポーターの物凄い熱狂的声援に後押しされ、

選手の団結力が一層増して、雰囲気が一変に変わり、流れが相手に。


 始まったドログバのドリブル、まるでダンプカーが突進して行く様だ。

吹っ飛ばされる日本のエース本田選手、

必死に止めに入る長友、森重両選手、そこに生まれた大きなスペース。


 ドロ臭い圧倒的キープ力、

前半、冷静にベンチで日本の守備陣の弱点を読んでいたのだ。

ドロが出てきて、グバッと刺された要の守備陣に隙が生まれた。


 予想通り、隙が出たサイドに展開され、

わずか2分間のうちにクロスを上げられた。あっと言う間の失点2。

実にタイミングのよいヘッドと連係プレー、相当練習をしている。


 ドロッと来て、グバッとやられた日本陣営。

これで1−2。何とか挽回しようとするも、原野で鍛えた逃げ足の速さ。

大久保、柿谷選手を入れても、ドログバ選手のようにはいかず、

相手のペースのまま逃げられて、ハーハーフーフー肩で息して万事休す。


 走らさせ、疲れ果てた富士山丸、日本。

あの雄大な富士の姿が見えたのは、最初の本田選手の得意の左の豪快なシュート時だけ。

後は、厚い雲に覆われて、一度も美しい富士山を見ることはできなかった。


 ところではあるが、コートジボワールの地図上の位置はご存じだろうか?

大統領、経済、宗教、国民性、識字率、公用語など国の状況は?

残念乍ら、富士山人は殆どの人がこの国の知識がないのではないか?


 ましてや、これからコートジボワールへ旅行したい、

或は、訪れたことがある日本人はいないだろう。

日本人が行きたい国は、アメリカ、東南アジア、ヨーロッパ諸国、豪、NZだから。


 エジプトや、南アフリカへ行きたい人はいるが、

なかなかどうしてコートジボワールまではねえとなる。


 人口は2千万人程度、経済力は佐賀県並み、

何と、識字率は5割を割っている。

とすると、サッカー選手の中には文字が読めない人もいるのかな?

識字率が10割の日本人なら予想もつかないだろうし。

日本選手は文字が読めても、相手の戦略を読めなかったのが残念。


 赤道直下の国で、スポーツと云えば、サッカーぐらい。

公用語はフランス語、60前後の民族国家。

小さい頃から自由奔放な生活をしているから、まるで自分の庭で遊んでいる感じ。


 言わずと知れた、ハングリー精神が豊かな国、

逆境に強くなければ生きていけない自然環境が常にある。

そういう国の団結力、闘争心、破壊力は富士山をも圧倒した。


 代表の「ドログバ」選手は、サッカーを超えた国のスターである。

一人一人の個人の身体能力の高さは、一体どこから来ているのだろうか?

生まれ育った原野、自然環境だろうか。


 歩きスマホに代表される富士山丸、この国へ行って歩きスマホをやって欲しい。

きっと、歩行者に吹っ飛ばされるのが目に見えているが・・・。

一度、修学旅行先をコートジボワールにして、世界の現状を学んで見るのもいい。


 柔道もそうだが、どうも日本人はフランス語を話せる人に弱い。

黒人系の人種に対しても恐怖感を抱いている人が多い。

自由に、楽しく、肩の力を抜いたサッカーを展開してもらいたい。


 20日(金曜日)のギリシャ戦で、勝ち点3以外は、

全く意味がないのが現状であるが、相撲でいう土俵際の強さを求めて、

20日、早朝からTVで放映されるギリシャ戦で勝ち点3を願う。


< 紫陽花にも芯があるように、サッカーにも芯が欲しい。 >


< 負けた試合を語り合っての散歩、夜が明けない日はない。 >


< 行け、日本、富士山丸。とにかく前進あるのみ。 >


< 全力を尽くした後の日本の空、ブラジルほど雨が降らず >

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM