JTB社員バス手配忘れに思う

  • 2014.05.01 Thursday
  • 06:10
JUGEMテーマ:日記・一般

 韓国フェリー沈没事故後の後遺症を心配していた。

早速、日本にその余波がやってきたと思ったが、

実際は大きく違っていた。


 岐阜県立東濃高校が遠足のために11台のバス手配をJTB中部・多治見支店に発注。

しかし、支店の男性社員がバスの手配忘れを遠足の直前に気づく。

そして、生徒を装い「遠足中止(自殺をにおわせた)」の手紙を学校へ届けた。


 そこで、不思議に思ったことがある。

11台ものバス手配ミスを担当社員の上司、課長、部長は知らなかったのか?

学校は、バス会社と事前に連絡をとっていなかったのだろうか?


 11台ものバスである。しかも入札で得た仕事らしい。

そこには、当然乍ら、発注番号も登録されて組織の中で認識されていないとおかしい。

JTB多治見支店の内部組織は、一体どうなっているのだろう?


 今は、何でもネットデジタルの世界で、仕事の内容がPCの中に入ってなかなか外に出てこない。

JTB支店やバス会社からお礼の葉書き等が、学校側に出されていたら、このような結果を招かなかった。

JTB支店は発注を受けた内容確認書を、学校・バス会社側に提出し、それを返信してもらうルートが欲しかった。


 11台ものバスともなれば、事前にJTBとバス会社、或はバス会社と学校間の打合せが必要である。

このようなことが事前になかったとすれば・・・いや、なかったからこのような結果になった。

多くの人命を預かる遠足、修学旅行である。事前の計画、確認を見直す必要がある。


 そして、確認は早めに実施する。

ホウ・レン・ソウ。

昔から言われている、報告→連絡→相談が基本中の基本である。

<   つつじの丘    >


<  池の東屋  >


<    鯉と遊ぶカモ  >



<   人の顔に似た岩   >

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM