世界的な脅威

  • 2014.03.14 Friday
  • 07:20
JUGEMテーマ:日記・一般

  先週、タイム誌を読んでいたらアッと驚く記事に接した。

日頃から、気になっていたことが世界的な脅威であると捉えた。

治療薬がない現代、ますます増える患者、元気なうちに対処していく対策を考えたいが・・・?

 
  Hogewery, Netherlands, is where most of those 152 residents will spend their final years.

All of them suffer from advanced dementia, a disease that progessively damages and destroys

brain cells, robbing patients of their memory and other congnitive functions

before eventually killing them. 
It is often a cruel and heartbreaking way for a life to end.  

It is also an increasingly common way to die:

(1) each year around the world, 7.7 million people are diagnosed with dementia,

a category that includes Alzheimer's disease
.

(2) And that number is only going up as life expectancies rise, especially in the burgeoning

economies of China and India
.

(3) By 2050, 135 million people will be afflicted with dementia.

(4) Alzheimer's is the sixth leading cause of death among Americans, and 1 in 3 people

in the U.S. over the age of 60 dies either from or with some form of dementia.
 

And despite the billions of dollars being poured into research around the world,

there is no cure in sight.

 オランダのHogeweyという町の住民の様子が、2014年3月3日付のタイム雑誌の

28ページの記事を読み、これから加速化する高齢化社会が抱える問題の垣間見ることができた。

いわゆる高齢者の認知症の問題である。一部を紹介したい。

(1)世界では、毎年7百7千万人に人がアルツハイマー病の範疇である認知症

       と診断されている。

  (2) 上記の数値は平均寿命が上がるにつれて唯一上昇しており、

       特に中国やインドの急発展している経済圏がそうである。

 (3) 2050年までには、1億3千5百万人の人が認知症に苦しむであろう。

   (4) アルツハイマー病はアメリカ人の第6番目の主な死因であり、

        合衆国では60歳以上の3人に1人が認知症が原因若しくは認知症に

        関する病気で亡くなっている。
 

(2)春の嵐が日本海を襲う

   風雨が強すぎて、車内からの撮影となった。

   携帯カメラで撮影。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM