「あなたは三度、私を知らない。」 と言う。

  • 2013.12.08 Sunday
  • 05:30
JUGEMテーマ:日記・一般

ルカ 22:34,56−62

34 しかし、イエスは言われた。

   「ペテロ。あなたに言いますが、きょう鶏が鳴くまでに、

    あなたは三度、わたしを知らないといいます。」

 
  ”I tell you, Peter," Jesus said,

      "the cock will not crow tonight until you have said three times

       that you do not know me."


**************


56 すると、女中が、火あかりの中にペテロの座っているのを見つけ、

   まじまじと見て言った。

   「この人も、イエスと一緒にいました。」


         When one of the servant-girls saw him sitting there a the fire,

         she looked straight at him and said,

        "This man too was with Jesus!"


57 ところが、ペテロはそれを打ち消して、

   「いいえ、私はあの人を知りません。」と言った。

   
         But Peter denied it,

         "Woman, I don't even know him!"


58 しばらくして、ほかの男が彼を見て、

   「あなたも、彼らの仲間だ。」と言った。

   しかしペテロは、「いや、違います。」と言った。

   
        After a little while a man noticed Peter and said,

        "You are one of them, too!"

         But Peter answered, "Man, I am not!"


59 それから一時間ほどたつと、また別の男が、

   「確かにこの人も彼と一緒だった。

   この人もガリラヤ人だから。」と言い張った。


        And about an hour later another man

        insisted strongly, "There isn't any doubt

        that this man was with Jesus, because he also is a Galilean!"


60 しかし、ペテロは、「あなたの言うことは私にはわかりません。」と言った。

   それといっしょに、彼がまだ言い終えないうちに、鶏が鳴いた。

  
   But Peter answered, "Man, I don't know what you are talking about!"

        At once, while he was still speaking, a cock crowed.


61 主が振り向いてペテロを見つめられた。

   ペテロは、「きょう、鶏が鳴くまでに、あなたは、三度わたしを知らない。」

   と言われた主のおとごばを思い出した。


        The Lord turned round and looked straight at Peter,

        and Peter remembered that the Lord has said to him,

        "Before the cock crows tonight, you will say three times

         that you do not know me."


62 彼は、外に出て、激しく泣いた。

        Peter went out and wept bitterly.
        
+++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++

< 落葉デザイン 

 木の上のモミジの数が、少なくなってきた。

モミジや銀杏の葉が道路脇にたまり、

日々の清掃が欠かせなくなっている。


 落ち葉の中には、明るい葉が見られるが、

数時間前は樹木の上であったようだ。

落葉して、数日経過した花は丸く小さくなっている。


< 自宅の庭にて >


< 公園の垣根の上にて >


< 落葉予備軍 >

狭い門からはいりなさい。

  • 2013.11.30 Saturday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般

マタイ 7:13-14

13 狭い門からはいりなさい

   滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。

   そして、そこからはいって行く者が多いからです。


14 いのちに至る門は小さく、

   その道は狭く、

   それを見いだす者はまれです

13   "Go in through the narrow gate,

        because the gate to hell is wide

        and the road that leads to it is easy,

        and there are many who travel it.


14   But the gate to life is narrow

       and the way that leads to it is hard,

       and there are few people who find it.


☆★☆★☆★☆★☆


 先日、HONDAから

新しいパンフレットが届いた。

その中に、一風変わったヴァージョンアップがあった。


 それは、CRZの塗装色を変えるというものであった。

車のヴァージョンアップで、塗装色のみを変えるというのも面白い。

マイナーチェンジとしては、なる程と思わせるものだった。

 
 ところで、今年の秋の紅葉に関してであるが、

夏場が余りに暑かったせいで、

昨年よりか、色付きがよくないという声をよく聞く。


 自然界の黄色と赤色を比べてみた。

黄色や赤色といっても、

一枚、一枚の色合いが異なるようだ。

< 黄色系 その1 >


< 黄色系 その2 >


< 黄色系 その3 >


< 赤色系 >


 上ばかり見ないで、足元に目を落とすと、

草むらの中に3センチばかりの枝に大きなモミジを

身に付けていた。


 一瞬、落ち葉かな?

と思ったが、そうではなかった。

足元の観測も面白い。

人の口から話されるもの

  • 2013.11.28 Thursday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般

A Tree and Its Fruit    Luke 6:43-45

* 人の口からは、心に満ちているものが出る。

< 2つの英語表現 >

(1)nor に続く節は、倒置文となる

   例), nor does  + S + V
 
               ( nor does a poor tree bear good fruit. )
 
  (2) 他動詞 ( speak ) の目的語となる名詞節 ( what the heart is full of  )

   The mouth speaks what the heart is full of.


43  "A healthy tree does not bear bad fruit,

       nor does a poor tree bear good fruit.

44  Every tree is known by the fruit it bears;

      you do not pick figs from thorn bushes

      or gather grapes from bramble bushes.

45  A good person brings good out of the treasure of good things

     in his heart; a bad person bring bad out of his treasure of bad things.

     For the mouth speaks what the heart is full of.


< 日本語訳 >
43 悪い実を結ぶ良い木はないし、
 
   良い実を結ぶ悪い木もありません。

44 木はどれでも、その実によってわかるものです。

   いばらからいちじくは取れず、野ばらからぶどうを集めることはできません。

45 良い人は、その心の良い倉から良い物を出し、

   悪い人は、悪い倉から悪い物を出します。

   なぜなら人の口は、心に満ちているものを話すからです


✺✺✺✺✺✺✺✺✺ 梅ヶ瀬渓谷 vs. 栗又の滝 ✺✺✺✺✺✺✺✺✺

 栗又の滝周辺は、自転車でよく走ってものだ。

梅ヶ瀬渓谷と栗又の滝を比べると、

大型観光バスがやって来るのは、後者の方である。


 その理由が判明した。

梅ヶ瀬渓谷は、何度も川(沢)を渡る必要があり、

倒木も多く、危険な場所が多い。


 また、梅ヶ瀬渓谷から大福山への道は、

とても険しく、健脚でないと登れない。


 一方、栗又の滝は、平坦が多く、

誰でも歩けるのである。

従って、栗又の滝はものすごい混みようである。

*********************************

= 梅ヶ瀬渓谷の紹介 =
< 渓谷を覆う山 >


< 紅葉にVサイン >


< 渓谷の流れ その1 >


< 渓谷の流れ その2 >


< 沢を渡る >


< 渓谷の黄葉 >

 

私たちは枝とは?

  • 2013.11.27 Wednesday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般

Jesus the Real Vine   John 15:1-4

<  unless 〜 ( もし〜でなければ )の使用例  >

1  "I am the real vine, and my Father is the gardner.

2  He breaks off every branch in me that does not bear fruit,

    and he prunes every branch that does bear fruit,

    so that it will be clean and bear more fruit.

3  You have been made clean already by the teaching I have given you.

4  Remain united to me, and I will remain united to you.

    A branch cannot bear fruit by itself; it can do so only if it remains in the vine.

    In the same way you cannot bear fruit unless you remain in me.

5  "I am the vine, and you are the branches.

    Whoever remains in me, and I in him, will bear much fruit;

    for you can do nothing without me.


< 日本語訳 >

1 わたしはまことのぶとうの木であり、わたしの父は農夫です。

2 わたしの枝で実を結ばないものはみな、父がそれを取り除き、

  実を結ぶものはみな、もっと多くの実を結ぶために、刈り込みをなさいます。

3 あなたがたは、わたしがあなたがたに話したことばによって、もうきよいのです。

4 わたしにとどまりなさい。わたしもあなたがたの中にとどまります。

  枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。

  同様にあなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。

5 わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です
 
  人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、

  そういう人は多くの実を結びます。

  わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。


< アピールする一枚の紅葉 >
 

< 自宅のモミジ >


< 黄葉を見上げて >


< ひとりぼっち >

生まれなかったほうがよかった人とは?

  • 2013.11.26 Tuesday
  • 06:35
JUGEMテーマ:日記・一般

日本語の「裏切る」は、

音声的にも「ズシーンと思い感じを受けます。」

顔の表情までも、怖い感じになります。

英語の "betray"も同様な感じになります。

なぜでしょうか?


 Jesus Eats the Passover Meal with His Disciples    Matthew 26:17-23

17  On the first day of the Festival of Unleavened Bread

     the disciples came to Jesus and asked him,

     "Where do you want us to get he Passvoer meal ready for you?"

18  "Go to a certain man in the city," he said to them, "and tell him:

     'The Teacher says, My hour has come; my disciples and I will celebrate

      the Passover at your house.' "

19  The disciples did as Jesus had told them and prepared the Passover meal.

20  When it was evening, Jesus and the twelve disciples sat down to eat.

21  During the meal Jesus said, "I tell you, one of you will betray me."

22  The disciples were very upset and began to ask him, one after the other,

      "Surely, Lord, you don't mean me?"

23  Jesus answered, "One who dips his bread in the dish with me will betray me.

24  The Son of Man will die as the Scriptures say he will, but how terrible for

      that man who betrays the Son of Man!

      It would have been better for that man if he had never been born!"

25  Judas, the traitor, spoke up.  "Surely, Teacher, you don't mean me?"

      he asked.  Jesus answered, "So you say."


< 日本語訳 >
17 さて、種なしパンの祝いの第一日に、弟子たちがイエスのところに来て言った。

   「過越の食事をなさるのに、私たちはどこで用意をしましょうか。」

18 イエスは言われた。「都に入って、これこれの人のところへ行って、

   『先生が「わたしの時が近づいた。わたしの弟子たちといっしょに、

   あなたのところで過越を守ろう」と言っておられる』と言いなさい。」

19 そこで、弟子たちはイエスに言いつけられたとおりにして、過越の食事の用意をした。

20 さて、夕方になって、イエスは十二弟子といっしょに食卓に着かれた。

21 みなが食事をしているとき、イエスは言われた。

   「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたのうちひとりが、わたしを裏切ります。」

22 すると、弟子たちは非常に悲しんで、「主よ。まさか私のことではないでしょう」

   かとかわるがわるイエスに言った。

23 イエスは答えて言われた。

   「わたしといっしょに鉢に手を浸した者が、わたしを裏切るのです。

24 確かに、人の子は、自分について書いてあるとおりに、去って行きます。

   しかし、人の子を裏切るような人間はわざわいです。

   そういう人は生まれなかったほうがよかったのです。」

25 すると、イエスを裏切ろうとしていたユダが答えて言った。

   「先生、まさか私のことではないではないでしょう。」

   イエスは彼に、「いや、そうだ」と言われた。


✺✺✺ 花貫渓谷の紅葉 ✺✺✺
< 吊橋、人が歩くとよく揺れます。 > 



< 樹木の間に燃えるようなモミジが >


< 緑、赤、黄色の競演 >


< 水中の落葉 >


< 花貫川 >

人はパンだけで生きるのではない

  • 2013.11.25 Monday
  • 05:46
JUGEMテーマ:日記・一般

<  live on ... ( ...で生きる ) >

The Temptation of Jesus     Matthew 4:1-4

1  Then the Spirit led Jesus into the desert to be tempted by the Devil.

2  After spending forty days and nights without food, Jesus was hungry.

3  Then the Devil came to him and said, "If you are God's Son, order these stones
  
    turn into bread."

4  But Jesus answered, "The scripture says, "Man cannot live on bread alone,

    but needs every word that God speaks."


< 日本語訳 >

1 さて、イエスは、悪魔の試みを受けるため、御霊に導かれて荒野に上って行かれた。

2 そして、四十日四十夜断食したあとで、空腹を覚えられた。

3 すると、試みる者が近づいて来て言った。「あなたが神の子なら、この石が

  パンになるように、命じなさい。」

4 イエスは答えて言われた。「人はパンだけで生きるのではなく、

  神の口から出る一つ一つのことばによる」と書いてある。



✺✺✺ 好天に恵まれた日曜日、「つくばマラソン大会」が開催され、

多くのランナーが秋の陽射しを受けて、元気に走っていた。

心臓の肥大が心配な小生は、12月上旬の検査の日まで、

静かな日々を送っている。

< タンポポ >
 

< 花瓶の花 >


< 葉脈 >


< 黄葉と青空 >


かくして日曜日が過ぎ去った。

比較表現 the same way as ...

  • 2013.11.23 Saturday
  • 21:34
JUGEMテーマ:日記・一般

よく用いられる比較表現  " the same way as ... "     from Matthew 7:2

1  "Do not judge others, so that God will not judge you,

2  for God will judge you in the same way as you judge others,  

 and he will reply to you the same rules you apply to others.

3  Why, then, do you look at the speck in your brother's eye,

    and pay no attention to the log in your own eye?

4  How dare you say to your brother, "Please, let me take that speck
 
    out of your eye,"  when you have a log in your own eye?

5  You hypocrite!  First take the log out of your own eye,

    and then you will be able to see clearly to take the speck

   out of your brother's eye.

<   日本語訳 >
1 さばいてはいけません。さばかれないためです。

2 あなたがたがさばくとおりに、あなたがたもさばかれ、

  あなたがたが量るとおりに、あなたがたも量られるからです。

3 また、なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、

  自分の目の中の梁には気がつかないのですか。

4 兄弟に向かって、「あなたの目のちりを取らせてください」

  などとどうして言うのですか。

  見なさい。自分の目には梁があるではありませんか。

5 偽善者よ。まず自分の目から梁を取りのけなさい。

  そうすれば、はっきり見えて、兄弟の目からも、

  ちりを取り除くことができます。

(1)   <  銀杏とモミジの競演 >


(2) <  黄葉と影   >


(3)  <  夕焼けの旅客機    >


< 英語表現について >

 聖書の中で使用される英語表現は、どれも記憶しやすいものが多いようです。

表現そのものが生きているので、内容も意味深いものがあります。

聖書の英語は、英語表現の宝庫ではないでしょうか。


< 身近な紅葉 >

 紅葉も標高の高い所から、低地へやってきました。

街中を歩くと、どこにでも紅葉や黄葉が見られます。

道路の落葉も様々なものが見られ、とても色鮮やかです。


 夕方、ショッピングセンターの駐車場から空を見上げると、

飛行機が一機、きれいな飛行機雲を作りながら飛んで行きました。

成田空港方面とは方角が違うようでした。


 一体、どこから飛来し、どこへ向かって行ったのでしょうか?

大空を見上げながら、行き先を案じました。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM