愛犬の思い出 と 赤いバラ

  • 2014.05.16 Friday
  • 05:10
JUGEMテーマ:日記・一般

 かなり前の話。

家内が、近くの知り合いから秋田犬とシェパードの雑種の子犬をもらった。

黒っぽく、コロコロした子犬に「ロッキー」と名付けた。


 やがて、その子犬は我が子と共に順調に成長した。

とても頭がよく、日本語と英語が理解可能なバイリンガル犬だった。

「車に乗る?」と声を掛けると、元気よく助手席に飛び乗り、上手に尾っぽを巻いた。


 餌を与える時に、「10数えたら、食べていいよ」と言って、

10までカウントすると、丁度10で食べ始めた。

”You can't eat until count 10." と 英語で言っても同様であった。


 ある時、首輪を外し、玄関先でお椀の中の水を飲ませていた時、

どこかの小父さんが自転車で偶々通りかかった事があった。

突然、水飲みを止め、その小父さんの左ふくらぎ辺に噛みついてしまった。

 
 翌日、小父さん宅へ犬の非を詫びに低姿勢で訪問した処、

開口一番、驚かされたしまった。

何と、犬が噛みついたことに対して「感謝」されたからだ。


 家族の方の説明では、小父さんは、車とかに自ら故意にぶつかり、

治療費を請求する近所でも有名なトラブルメーカーとのこと。

犬が噛みついてくれて、いいお灸が出来たと・・・。


 その愛犬も10歳の頃に怖い蚊を媒介とする「フィラリア症」に感染した。

この病気は犬の心臓を中心に血管内で虫が増殖する。

亡くなる時、家族を呼び寄せてそれからゆっくりと息を引き取った。


 火葬のあと、灰を自宅の軒先に撒き、そこに薔薇の種を蒔いた。

今では、大きな薔薇の木となり、毎年真っ赤なバラの花が咲く。

咲いた薔薇を見る度に、「ロッキー」との思い出が浮かんでくる。


< 雨に打たれる真っ赤な薔薇 >


癒しの海洋生物 at アクアス浜田

  • 2013.10.16 Wednesday
  • 21:59
JUGEMテーマ:日記・一般


 ものすごい大型台風。

柏住宅周辺の下水がマンホールから

溢れ出たそうだ。


 しかし、中国地方は、風が強く、

海は大荒れであったが、

雨は小雨。


 益田から列車で、

浜田の水族館へ、

クラゲやイルカに癒される。











 Do not join those who drink too much wine or gorge themselves on meat,

for drunkards and gluttons become poor,and drowsiness clothes them in rags.

若い女性の「おもてなし」

  • 2013.09.14 Saturday
  • 21:13
JUGEMテーマ:日記・一般


 日本の夏と言えば、

やはり、女性の「浴衣姿」ではなかろうか!



 ヨーロッパ系の人は、

夏場は、肌を焼きたい。



 暑い時は、

森の中へ身を置き、

ふと青空を見上げたい。



 
 男性は波乗り、

女性はビキニで浜辺を歩きたい。



 日除けのハットをかぶり、

物思いにふけってみたい時もある。

 

 やはり、笑顔と健康が一番です。



☆☆☆☆☆

What a wonderful girl you are!

How beautiful are your feet in sandals.

The curve of your thighs is like the work of an artist.


A bowl is there, that never runs out of spiced wine.

A sheaf of wheat is there, surrounded by lilies.


Your breasts are like twin deer, like two gazelles.

日光のおもてなし Part 2

  • 2013.09.13 Friday
  • 23:51
JUGEMテーマ:日記・一般


小学生のグループの先頭には、

ボランテイアのおじさん、おばさんが

引率していた。


 クイズを出して、

森の中の散策に一段と

興味を惹くように工夫されていた。


 途中、大カメの木に出会った。

葉っぱがカメの甲羅に似ているから、

その名が付いたと説明されていた。


 一度、説明を聞いた子どもたちは、

いつまでも、忘れないことだろう。


 ちょっとしたきっかけで、

植物や花に興味を抱き始める者も

いるだろう。


 戸外学習は、教室内では、

学ぶことのできない要素が

多いことは確かである。


< 歓声を上げる子どもたち >


< 川の流れ >


< 遊歩道 >



☆☆☆ The Man ☆☆☆

Don't you know the place, loveliest of women?

Go and follow the flock; find pasture for your goats near the tents of the shepherds.

You, my love, excite men as a mare excites the stallions of Pharaoh's chariots.

Your hair is beautiful upon your cheeks and falls along your neck like jewels.

But we will make for you a chain of gold with ornaments of silver.

 ・・・・・・
 How beautiful you are, my love; how your eyes shine with love!

日光のおもてなし

  • 2013.09.12 Thursday
  • 23:07
JUGEMテーマ:日記・一般


 日光も、秋の紅葉の時期になると、

大勢の人が訪れる。


 9月の上旬の平日はいかに?

大勢の小学生(修学旅行?)に出会った。


 青空を期待したが、

生憎の曇り空。


 湯滝から遊歩道を歩いて、

小滝を見学して木道を歩く。


 若い女性の一人歩きの人も。

熊がよく出没するので、

熊避けのベルが必須です。


 大自然が残されており、

小学生以外は、人も少なく

楽しい散策となった。


 なお、自宅から中禅寺湖までが、

約140キロ程度。

一般道を走り、片道2時間15分程度である。


< 湯滝 >


< 小滝 >


< 戦場ヶ原 >


< 中禅寺湖 >


☆☆☆ The First Song ☆☆☆

The Woman

Your lips cover me with kisses;

your love is better than wine.

There is a fragrance about you;

the sound of your name recalls it.

No woman could help loving you.

Take me with you, and we'll run away;

be my king and take me to your room.

We will be happy together,

drink deep, and lose ourselves in love.

No wonder all women love you!

・・・・・・・( continue )

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM