セントグレース大聖堂 at 表参道

  • 2013.06.08 Saturday
  • 23:49
JUGEMテーマ:日記・一般


 私は結婚して35年の月日が

瞬く間に流れた。

「光陰矢の如し」、月日の流れは早い。


 表参道へ出向き、

セントグレース大聖堂での結婚式に出席し、

二人の門出を祝福した。


< 正面がセントグレース大聖堂 >


< 厳粛な瞬間へのアプローチ >


< 想いを胸にお母さんとの入場 >


< 祝福するクラスメート >


 ○ 今日のことば

 神である主は仰せられた。「人が、ひとりでいるのは良くない。

わたしは彼のために、彼に相応しい助け手を造ろう。」


 神である主が、土からあらゆる野の獣と、あらゆる空の鳥を

形造られたとき、それにどんな名を彼がつけるかを見るために、

人のところに連れて来られた。

人が、生き物につける名は、みな、それが、その名となった。


 こうして人は、すべての家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名をつけたが、

人にはふさわしい助け手が、見あたらなかった。

そこで、神である主が、深い眠りをその人に下されたので、彼は眠った。

それで、彼のあばら骨の一つを取り、そのところの肉をふさがれた。


 こうして神である主は、人から取ったあばら骨を、ひとりの女に造り上げ、

その女を人のところに連れて来られた。


 すると、人は言った。

 「これこそ、今や、私の骨からの骨、

  私の肉からの肉。

  これを女と名づけよう。

  これは男から取られたのだから。」


 それゆえ、男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM