人形( じんぎょう) 峠からの眺め

  • 2015.12.28 Monday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般

 
清流、「高津川」沿いに上流へ向かう。

益田市内にひとつある工場の煙。

小学生の頃、この工場のスケッチで何度か入選した。




久し振りに、日曜日に自転車に乗った。

午前中、曇り空で心配したが何とか持ちこたえた。

しかし、流石は冬だ。ペダルをこぐと風を冷たく感じる。


疲れて、途中で休憩!



午後一時過ぎにスタート。

益田市美濃町から、日本海へ。

益田十景の一つの人形峠から日本海の美しい景色を堪能。



今日は191号の国道を直進せずに、

途中から喜阿弥町の裏道を通過。

電信柱に沿って走れば道がある。

冷えた身体を風呂で温めた。

空気のきれいな町

  • 2015.03.09 Monday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般

 早朝、益田から車で
山口市の維新公園内にある
柔道競技場へ行く

全日本柔道選手権の
中国地区代表者を決める
試合が朝9時からあった。

代表は、昨年に引き続き、
高校生二人が選出された。

山口も益田も
とても空気が澄んでおり
視界がすこぶる良かった。





 

故郷の名所

  • 2015.01.10 Saturday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般

 地元に国指定の名所がある

「スクモ塚古墳」という

その昔、この古墳をクワやスコップで掘っていた処、


長い白髭の爺さんが突然現れた

爺さん曰く、「ここは昔の墓なので、掘ってはならない」

突然、雨が降り出して嵐になり、工事を中断したとか。


 この古墳のてっぺんに登ってみた

てっぺんからは益田市内や中国山脈がよく見えた

よくもこんなに大きなお墓を造ったものだ

それほど道具もなかったはずなのに。


 国内には、この手の話はよく耳にする

先日、筑波の峰の麓にある村を訪れた

そこには、500年の樹齢の大杉があった。


 大杉の写真を撮ろうとしたが、

全く、ピントが合わず、

全てがピンボケだった。


 このスクモ塚古墳は、

そのようなことはなく

りっぱにフォーカスできたようだった。

< スクモ塚古墳 >

輝く冬の日本海

  • 2012.12.25 Tuesday
  • 21:40
JUGEMテーマ:日記・一般


 毎日、同じコースを歩いても

なぜか目に飛び込んでくる風景が異なる。


 その風景の違いは、

時刻、天候によるものが大きい。


 益田川の河口を50年ぶりに歩いた。

小学生の頃に釣りをしたり、水泳を楽しんだ場所だ。


 半世紀前の出来事が

まるで昨日のように思い出された。


 河口は50年前と同様に

砂が多く、出口が狭まっていた。


< 河口から日本海を臨む >


< 河口から川上方面の風景 >


< 午後三時の太陽光線を受ける日本海 >


老人ホームの長所と短所

  • 2012.12.16 Sunday
  • 19:28
JUGEMテーマ:日記・一般


 柏インターを朝2時過ぎに出て、島根県益田市久城到着が

午後3時であった。

一人の長距離の運転でさすがに疲れた。


 寒波が北に移動したので、その間隙をぬっての移動。

中国自動車道の両側には残雪が延々とあった。

サマータイヤなので、正解の移動日となった。


 母親が老人ホームへ入居しているので、

早速訪ねた。

そこで感じた長所と短所とは?


 長所

1 室内全体が暖かい。

2 三度の食事内容が老人向けでありがたい。

3 床面に段差がなく安全である。


 短所

1 鳥かご的な雰囲気。

2 外部との接触がない。

3 お金を使用しないので、経済感覚が薄れる。


< 途中の中国自動車道、大佐インター、12時半頃 >


< 同位置の地図 >


< 老人ホーム前の日本海の風景 >
 

< 卒寿祝いに姉たちが母に贈った胡蝶蘭 >


< 自宅前の夕方の空 >


夏の雲

  • 2012.08.17 Friday
  • 17:34
JUGEMテーマ:日記・一般


 夏雲

猛暑続きの毎日であるが、

大気の動きが活発で、雨をもたらす雲が不気味に映る。


 白い雲は、全く心配はないが、

大きな怪物のような大きな雨雲が現れると、

こちらに近づくのではないかと心配になる。


 布団を干していたので、

急いで帰宅したが、

雨雲はどこかに行ってしまった。


 一瞬、雨雲を見て涼しくなったが、

雨雲が消えて、

再び、猛暑の夏になってしまった。







山陰線は単線です。

  • 2012.08.16 Thursday
  • 21:19
JUGEMテーマ:日記・一般


 山陰線は単線です。

複線では、走行中の列車がすれ違いますが、

単線では、駅の構内でそれが起こります。 



 ところで、単線の魅力とは何だろうか?
 
小学生の頃、近づいてくる汽車がわかると、

レール上に直接耳をあて、次第に大きくなる音に

興奮を覚えたものだ。


 陸橋にたたずみ、

近づく特急列車を待った。

次第に大きくなる地響きのような音、

これこそが単線でのみ味わえる興奮である。

 
 山陰線は単線です。

山陰線を走り去る特急列車、スーパーおき!


 

花芯とキス

  • 2012.05.29 Tuesday
  • 21:48
JUGEMテーマ:日記・一般


 「燃やせるゴミ」を出しに行ったところ、
花から、お礼を言われているような感じがし、
自宅からカメラを持参してUターン。

 「花芯」をクローズアップ撮影、
そこには綺麗な花芯デザインがありました。

 それにしても、独創的なデザイン。










 夕方、地元のスーパーに行って、
大きな「キス」と遭遇。

 陸からはなかなか釣れない大きなキス
しかも、8匹で300円を割っているとは、
この値段を考えると、キス釣りは出来ません。

 海釣りは、広大に海に向かって、
竿を投げ出す気持ちよさ、
魚のアタリを感じる心地よさ、
釣れた魚を確認する瞬間の
あの心のときめき

あるので、釣りは止められないのが現状。

 趣味は、お金で勘定できないようで。

釣鐘草と日本海の浸食作用の凄さ

  • 2012.05.27 Sunday
  • 18:17
JUGEMテーマ:日記・一般


 マラソン距離42キロを心拍を抑えながらの自転車ライド
畑に咲く、釣鐘草を見ながら、日本海に行き、
何度も見ている珍しい岩を鑑賞する。

釣鐘草
紫色が冴えます。


喜阿弥の海岸にある屏風ヶ岩(一般道からの高所撮影)


人形岩(同じ)


波で出来た小さなイケス(写真手前)


午後4時の陽を受けて光る日本海(喜阿弥海岸にて)
(この場所でお昼から、4時間のキス釣りを楽しむ)
(砂利がいっぱいあります)


旧校舎と新校舎のある戸田小学校(手前が旧で裏手が新校舎)
(時代の浸食作用を受けています。(笑))

漂流アメリカ兵10名の上陸地、大谷海岸

  • 2012.05.25 Friday
  • 20:22
JUGEMテーマ:日記・一般


 太平洋戦争終結、1945年8月15日、正午。
その前夜に、島根県益田市の大谷海岸であった実話とは?

 1945年(昭和20年)8月14日の夜9時頃、
高島付近を漂流していたアメリカ兵10名が、
大谷港から出漁した漁船団に救助されて、
この大谷に上陸したとのこと。

 2005年(平成17年)8月14日に、救助されたアメリカ兵10名の中で、
ただ一人の生存者「マーティン・ザップ氏」、79歳が60年ぶりに当地を訪問し、
地元の人達と往事を回顧された。

 救助されたアメリカ兵達は、
北九州工業地帯を爆撃のため、
8月8日にマリアナ諸島テニアン基地から飛び立った
B29爆撃機の乗組員で、日本側の迎撃にあい壱岐の辺りに墜落。

 ゴムボートで漂流6日目の事であったと言う。
まさに、終戦前夜の出来事であり、
ここ大谷は不安と興奮の坩堝と化した一夜であったとのこと。

 嘘のような実話である。
同年、8月6日に広島、9日に長崎に原爆が投下され、
多くの一般市民が犠牲になったことを
当然ながら、大谷の漁師も知ったいたと思う。

 海上で、苦しんでいる異国民を見て、
海に生きる男として、まずは、人命救助ということを、
相手の眼をみて、直感的に判断したのであろう。

 それにしても大谷の漁村は大騒ぎになったことだろう。
この海岸に来ると、いつもこのことを想像してしまう。
ここで、出会う人、何か違った優しさを感じるのは、
私だけではないかも。



 漂流アメリカ兵の上陸地である大谷海岸


周りの海辺でよく見られる雑草


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM