白鳥の観察

  • 2012.01.18 Wednesday
  • 22:39
JUGEMテーマ:日記・一般


 昨日までは、消化不足を否めないRidingだったので、

今日は、印旛沼近くまで足を延ばすことにした。

それでも、往復80キロばかり、まだ距離としては不十分ではあるが。


 なんと、栄橋を過ぎて、堤防にダンプが数台走っている。

昨年の大地震で破壊された堤防下の道を急ピッチでの

改修に駆り出されているようだ。


 毎日、乾燥した天気が続いており、これで雪解け水で、一気に、川が

増水すると、ちょっと怖いぐらいに、堤防が破壊されている。(>_<)


 本埜村の田んぼの白鳥を目指したが、何と、途中の田んぼで、

白鳥のグループに運よく、遭遇する。


 日中は、グループ毎に分かれて、移動しているようだ。

田んぼの中に、嘴を盛んに差し込み、餌を探している。

どうも、土の中に、白鳥の好きな生物(ミミズ?)がいるらしい。


 真っ白な白鳥は、親鳥とか、

やや灰色がかっている白鳥は若いとか、

通りがかりのオジサンが呟いていた。

睨みあい


2対1の喧嘩

(狙った先は、急所でしょうか?)

着陸態勢のブレーキング(足ひれ全開)


着地寸前のブレーキング
(羽の広げ方、角度、体の角度、全身を使ってのブレーキング)

空気の捉え方が、実に理にかなっています。
飛行機も、鳥の着地方法を研究したのですね。

飛行中の白鳥(足を伸ばしています)

実に、美しい!

羽を伸ばすと、こんな感じ


羽を曲げると、こんな感じ


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM