リンちゃんの死体遺棄現場を検証する

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 06:00

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 松戸市六実第2小学校の3年生の

 

リンちゃん(当時9)の遺体が見つかった現場を検証した。

 

 

近くをよく通るので、どのようにして

 

犯人がこの現場に行ったのかを考えてみた。

 

 

すると、次のようなことがわかった。

 

犯人は、現場が初めてではない。

 

何度か、訪れているに違いない。

 

 

松戸から国道6号線を取手方向に向かうと、

 

利根川を渡る大きな鉄橋がある。

 

そのすぐ手前に、国道を下りる小さな道が一本ある。

 

 

この小さな道に入って、すぐ右に行けば成田方面へ。

 

すぐ左へ行けば、野田方面へ行ける。

 

 

犯人は、国道を左に下り、続いて左の野田ルートを選択。

 

しかし、ここからが問題である。

 

 

一般に野田ルートを選択し、暫く直進すると、

 

分岐点があり、99%の車が左折するルートを選ぶ。

 

犯人は、この分岐点で直進している。

 

 

何度も通った道であるが、初めて直進した。

 

すると、ほどなくして青い橋が見えてきた。

 

犯人はこの青い橋の下にリンちゃんを遺棄したようだ。

 

 

用水路と言っても、大きなもので両岸は葦が生え、

 

水の流れも緩やかである。

 

こんな場所は釣り人か畑を持っている人でないと来ない。

 

 

ヘラも釣れそうなので、釣り人が発見したことがよくわかった。

 

犯人は、釣りには興味がないと思う。

 

また、自然の風景にも興味がないと思う。

 

 

何故なら、長閑で自然が美しい場所であったから。

 

 

次に、ランドセルが発見された場所について検証した。

 

 

まず、犯人は死体を遺棄した後、野田方面へ続く農道を利用している。

 

この農道は、信号機もなく朝や、夜は殆ど車が走行していない。

 

 

野田方面を走行して、まもなく坂東市へ向かう芽吹橋を通過したことだろう。

 

芽吹橋を通過して最初の交差点を左折して、しばらく直進する。

 

すると、利根川の河川敷に出られる場所がある。

 

 

犯人は、この辺りにランドセルなどを捨てたと思われる。

 

なぜ、用水路か利根川かと云えば、水辺は夜でも方向が判り易い。

 

また、水辺であれば汚れた手なども洗える。

 

 

2チャンネルで、用水路も探してみたら・・・

 

という書き込みがあったようだが、

 

これは犯人が書き込みをしたと思われる。

 

 

何度も利用した私でさえ、こんな道があったのかと

 

驚いた次第である。

 

ましてや、釣りに興味のない犯人と考えれば、

 

必ず、下見をしているに違いない。

 

 

事件現場の青い橋 (犯人は、道の奥へ進み右折して野田方面へ)

 

橋の上から用水路を北側に見る

 

橋の周辺は広々とした水田が広がる(左手に農道が見える)、夜間は真っ暗

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM