午後の柏の葉公園で遊ぶ

  • 2020.02.24 Monday
  • 08:41

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 強風が吹き荒れた日曜日の午後。

 

予想外に人出が多し。

 

コロナウイルス、どこ吹く風かの公園でした。

 

 

駐車場は、ほぼ満杯。

 

子供の遊び場は、元気な子供達で活気に溢れていました。

 

ワンちゃんも好天に恵まれて心地よかのお散歩。

 

 

< 竹と塀♬ >

 

< 騎手気分? >

 

< 青空を背景に >

飛行機 vs. 列車

  • 2020.02.23 Sunday
  • 07:42

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 益田から東京への移動をどのように捉えるか?

 

考え方は、人それぞれである。

 

 

以前は、もっぱらANAを利用していた。

 

が、このところ列車を利用した陸の移動となっている。

 

 

飛行機は、機上から日本列島の地形や山脈が手に取るようによくわかる。

 

列車は、都会や町、田園の様子の変化が面白い。

 

座席は、膝周りのゆとりがある列車にプラス点。

 

 

飛行機の一番の難点は、羽田からのモノレール、

 

浜松町から、上野からの電車がとても混むことだ。

 

 

今回、品川から特急”ときわ”を利用して、座席確保、

 

座席のすわり心地が完璧で、揺れも殆どなく快適だった。

 

飛行機のエコノミーは狭くて、座り心地が悪い。

 

 

気をよくしたので、今度、”ときわ”で東北の旅もいいかも。(^_-)-☆

 

 

< 入線する特急スーパーおき1号、新山口駅行き >

 

冬の自転車合宿6日目、最終日

  • 2020.02.22 Saturday
  • 06:05

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 最終日のルート: 県道14号・二条郵便局右折して、桂平町17号へ

 

白杭トンネル、新昭和トンネル、津和野殿町経由つわぶき街道→

 

うり坊の郷(昼食・ししうどん750円)→益田への100キロ

 

 

( 疲労が残っていたのか、心拍数が平均より高い傾向が続いた。 )

 

< 桂平町の畑に映る愛車 >

津和野へのルートは、桂平町経由が一番楽である。

何故なら、他のルートは坂道が直線で足にくるから。

ここは、九十九折りでベストだ。

 

< 桂平町の山間ルート >

ここは、木陰が沢山あるので夏には最高だ。

路面もきれいで、路肩にはガードレールがあり、崖下に落ちることはない。( ^)o(^ )

関東には、これほどの素晴らしい自転車道がないのはこれいかに。

 

< 鯉の町、津和野・殿町 >

津和野は観光地である。

森鴎外の生誕地として名高い

町の名前も凄い。殿町の鯉は、色つやがとてもいい。

 

コロナウイルスの影響もあるのか、

観光地の津和野は閑散としていた。

 

昼食後、長い下り坂が5つも連続するが、

余りにも快適すぎて下り終わってから

とても眠くなるのが難点だった。(^^♪

 

最終日になって、ようやく快晴になった自転車合宿でした。

冬の自転車合宿6日目、最終日

  • 2020.02.22 Saturday
  • 06:05

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 最終日のルート: 県道14号・二条郵便局右折して、桂平町17号へ

 

白杭トンネル、新昭和トンネル、津和野殿町経由つわぶき街道→

 

うり坊の郷(昼食・ししうどん750円)→益田への100キロ

 

 

( 疲労が残っていたのか、心拍数が平均より高い傾向が続いた。 )

 

< 桂平町の畑に映る愛車 >

津和野へのルートは、桂平町経由が一番楽である。

何故なら、他のルートは坂道が直線で足にくるから。

ここは、九十九折りでベストだ。

 

< 桂平町の山間ルート >

ここは、木陰が沢山あるので夏には最高だ。

路面もきれいで、路肩にはガードレールがあり、崖下に落ちることはない。( ^)o(^ )

関東には、これほどの素晴らしい自転車道がないのはこれいかに。

 

< 鯉の町、津和野・殿町 >

津和野は観光地である。

森鴎外の生誕地として名高い

町の名前も凄い。殿町の鯉は、色つやがとてもいい。

 

コロナウイルスの影響もあるのか、

観光地の津和野は閑散としていた。

 

昼食後、長い下り坂が5つも連続するが、

余りにも快適すぎて下り終わってから

とても眠くなるのが難点だった。(^^♪

 

最終日になって、ようやく快晴になった自転車合宿でした。

冬の自転車合宿5日目

  • 2020.02.21 Friday
  • 06:09

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 時計回り( 萩からうり坊の郷・道の駅経由 )を選択して行く。

 

4日目の反時計回りコースは、大きな坂が6つある。

 

時計回りだと、これが下り坂として利用でき、時間も短縮可能。

 

 

しかし、時計回りは、最初の坂が難敵で、斜度がきつすぎて長いのが短所。

 

ややなだらかな川沿いの山間部は残雪で、路面が濡れてスリップで危険。

 

 

二条郵便局で左折の予定が、何を間違えたのか勢いで直進した。

 

たまたま、小さな津和野の看板を見つけたので、

 

そのコースをたどってみたが、一番避けたい坂につながっていた。

 

 

三年前は、きついと思いながらも、何とか上り切ったが、

 

今回は、水を飲もうと思ったら、あらら・・・ボトルを忘れていた( ゚Д゚)

 

これはまずいと思ったが、5度前後の気温だったので、我慢できた。

 

 

峠にたどり着くと、そこから萩市から益田市の津和野町に変わった。

 

長い下り坂で津和野へ、津和野からは長い”つわぶき街道”を上って

 

うり坊の郷を目指した。途中、アクエリアスを補給できて元気回復。

 

 

うり坊の郷では、”ししうどん”にするはずが、間違えて”肉うどん”の550円。

 

200円安かったので、確認してミスオーダーに気づく。

 

明日は、”ししうどん”に! 「また来てください」の声に押されて益田方面へスタート。

 

 

< 萩市の急峻な山坂 >

( やっとカーブにたどりつくも、これからまた激坂が続く )

 

< 元気が湧き出る峠が見えてきた >

 

< 冬枯れの樹と雲 >

冬の自転車合宿5日目

  • 2020.02.21 Friday
  • 06:09

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 時計回り( 萩からうり坊の郷・道の駅経由 )を選択して行く。

 

4日目の反時計回りコースは、大きな坂が6つある。

 

時計回りだと、これが下り坂として利用でき、時間も短縮可能。

 

 

しかし、時計回りは、最初の坂が難敵で、斜度がきつすぎて長いのが短所。

 

ややなだらかな川沿いの山間部は残雪で、路面が濡れてスリップで危険。

 

 

二条郵便局で左折の予定が、何を間違えたのか勢いで直進した。

 

たまたま、小さな津和野の看板を見つけたので、

 

そのコースをたどってみたが、一番避けたい坂につながっていた。

 

 

三年前は、きついと思いながらも、何とか上り切ったが、

 

今回は、水を飲もうと思ったら、あらら・・・ボトルを忘れていた( ゚Д゚)

 

これはまずいと思ったが、5度前後の気温だったので、我慢できた。

 

 

峠にたどり着くと、そこから萩市から益田市の津和野町に変わった。

 

長い下り坂で津和野へ、津和野からは長い”つわぶき街道”を上って

 

うり坊の郷を目指した。途中、アクエリアスを補給できて元気回復。

 

 

うり坊の郷では、”ししうどん”にするはずが、間違えて”肉うどん”の550円。

 

200円安かったので、確認してミスオーダーに気づく。

 

明日は、”ししうどん”に! 「また来てください」の声に押されて益田方面へスタート。

 

 

< 萩市の急峻な山坂 >

( やっとカーブにたどりつくも、これからまた激坂が続く )

 

< 元気が湧き出る峠が見えてきた >

 

< 冬枯れの樹と雲 >

冬の自転車合宿4日目

  • 2020.02.20 Thursday
  • 08:32

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 ようやく晴れた!

 

峠には、雪が残り、昼前からやっと雪が融けた。

 

 

益田阿武線と通り、二条郵便局直進、

 

田万川沿いに337号線、国道315号、うり坊の道の駅で昼食、

 

津和野へ下り、左折し益田への距離100キロ。

 

 

このコースは長い坂5〜9%が4つもある。

 

筑波山系には、これほどの長い坂はないので、

 

乳酸が溜まって困った。

 

 

9時半にスタートして4時に帰宅。

 

木曜日は、時計回りで行こう。

 

時計回りが少し楽と思う。

 

 

< 晴れてきた・・・ >

 

< 峠を越えると、田畑には残雪が >

山口県のガードレールは、オレンジカラー

 

< しし鍋 1100円也、食べ過ぎた( ^)o(^ ) >

 道路際は、雪解けでプールが多いので、

中央ライン際を走行していたら、

対向車からクラクションを鳴らされた。!(^^)!

冬の自転車合宿三日目

  • 2020.02.19 Wednesday
  • 07:53

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 三日目、天気は”みぞれ”

 

外気温が低い ⇒ 午後1時半にスタートして

 

津田から仙道地区までの往復31kmのショートコース選択。

 

 

山間は積雪が残り、山間部は白い風景になっている。

 

それにしても、足先が妙に冷え込む。shoes cover を忘れた。

 

明日からは、靴底にホカロンを用意することに。

 

 

< 三ツ山を望む > 手前の3つの大きな山の名称

 

< 仙道地区を流れる益田川 >

 

< 積雪のため、橋を渡れず >

幅23mmのタイヤでは、簡単に転倒する怖れあり。

益田ダムまで行けず、ここでUターン。

 

cf.  自転車は、アルミとカーボンのコンポジット。

  三角フレームは、アルミのカレラのオーダー1996製。

      front 34-50T  rear 12-30T 10速。

自転車合宿二日目の月曜日

  • 2020.02.18 Tuesday
  • 08:31

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 朝から、大荒れの天気だった。

 

予報では、積雪30センチと報道されていたが、

 

海岸沿いに住んでいるので、風は強いが積雪は、山間部で。

 

 

ようやく、午後1時過ぎにみぞれも上がった。

 

粉雪が舞う中を、津田駅裏から仙道方面の山道を走行。

 

7%〜9%のほどよい坂が続くが、スプロケ30Tで余裕のよっちゃん。

 

 

雪が降る中を走行するのは、とても気分のよいものだった。

 

< 荒れ狂う日本海 >

 

< 時に日差しも > 県道309号線にて

 

< 雪化粧の仙道地区 >

頓挫した二月の自転車合宿初日

  • 2020.02.17 Monday
  • 07:41

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 まさか、こんなに天気が変わるとは・・・

 

12−30Tのスプロケを用意して初日を待ったが

 

朝から雨となる。午後三時頃まで雨とはこれいかに。

 

 

自転車で何時もの津和野コースを設定していたが、

 

雨なので、ダイハツ・タントに乗って「秋芳洞」へ変更した。

 

たまたま、この日は秋吉台の野焼きの日であったが、雨の為に中止に。

 

 

秋芳洞( あきよしどう )の入り口付近で撮影タイム。

 

帰路、萩の梅林公園で梅の撮影。

 

今年は、紅梅が早くも散り始めていた。

 

 

< 秋芳洞入り口 >

 

< 3億年の歴史 >

 

< 紅白梅をながる >

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM