2020年 元旦の朝の大気

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 08:45

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 大晦日の夜に吹いていた強風も、

 

元旦はとても静かな朝を迎えた。

 

 

西の空には、強風を運んだ雲が

 

随分とあり、太陽が雲間から顔を出したのは、

 

日が昇った1時間もあとだった。

 

 

1)05:56AM ( 日の出1時間前 )

 

2)06:37AM ( 日の出時刻直前 )

 

3)07:40AM ( 日の出から一時間後 )

 こうして見てみると、

太陽が昇る前の大気が一番澄みきっているようだ。

令和元年、最後の日曜日土手風景

  • 2019.12.30 Monday
  • 07:01

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 静かに暮れる日曜日の夕方、

 

土手には、何時ものように、身体を動かす人の姿が。

 

 

ゆったりとした雲の動きが、

 

大気の動きを物語っていた。

 

 

高速道路の車両の動きにも

 

何となく年末の雰囲気が漂う。

 

 

1)冬のうろこ雲

 

2)自宅へ急ぐ

 

3)日没20分後

鳥でも、大型の鳥では・・・

  • 2019.12.27 Friday
  • 06:00

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 小鳥の仕草は実に可愛いが、

 

大型の鳥となると、ダイナミックそのものだ。

 

そこには、弱肉強食の世界で生きる力強さがある。

 

 

1)飛び掛かるタイミングを計る

 

2)相手に恐怖感を与えて

 

3)”美”と”声”をアピール

五月蠅い”烏” vs. ”ノスリ”

  • 2019.12.26 Thursday
  • 07:48

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 二羽の烏が「カー、カー」・・・と五月蠅い!

 

よく見ると、上下から”ノスリ”に対してだった。

 

”ノスリ”は鋭い眼で対抗中。

 

 

先日などは、頭に来た”ノスリ”が

 

一羽の烏を追いかけていた。

 

必死にアクロバット飛行で逃げ回っていた”カラス”。

 

 

其の後、2羽は森へと姿を消した。

 

 

1)縄張り争い

 

2)驚いて逃げるシジュウカラ

 

3)空の逃避行

メジロ、コゲラ、シジュウカラの御三家

  • 2019.12.24 Tuesday
  • 07:51

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 自宅前の森に”ノスリ”が生息している。

 

 

昨年は、一か所に一時間もじっとしていたが、

 

今年の場合は、望遠レンズがライフル銃に見えるのか、

 

直ぐに逃げる。

 

 

”オオタカ”は一度、やって来たが、

 

木陰に身を隠し、これまた直ぐに逃げる。

 

人間に恐怖感を抱いているようだ。

 

 

一方、小鳥のシジュウカラは、

 

茂みにわんさかいる。

 

 

1)春を待つ”メジロ”

 

2)樹皮の虫を啄む”コゲラ”

 

3)わんさかいる”シジュウカラ”

よく見かける小鳥、シジュウカラ

  • 2019.12.23 Monday
  • 07:16

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 鶯が近くの茂みに姿を見せた。

 

カメラを取りに家の中に入っている間に、

 

その姿は見えなくなっていた。

 

 

鶯は、同系色の藪の中に潜んでいると、

 

なかなか見つけにくく、

 

囀る声に頼るしかない。

 

 

一方、シジュウカラは、鳴き声と共に

 

一か所にいる時間が長いので

 

姿を見つけやすく、撮影しやすい。

 

 

1)おはようございます!

 

2)右横顔

 

3)左横顔

 

流山おおたかの森 ナウ

  • 2019.12.22 Sunday
  • 06:06

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

  以前は、森があり、オオタカが生息していたが・・・

 

今や、大きなショッピングセンタービルと

 

モダンな駅前ロータリーが完成。

 

 

まだまだマンション・ホテルの建設が続く

 

おおたかの森。

 

 

4、5年前は、何もなかったが・・・

 

大きく変貌した街になっている。

 

 

1)おおたかの森駅に入線する電車

 

2)This is ”流山おおたかの森 North Square 63”

( ホテル、マンションが立ち並ぶ )

 

3)広々とした駅前ロータリー

 

4)Shopping Center 前広場

2019 東武動物公園イルミネーション

  • 2019.12.21 Saturday
  • 06:05

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 week day は、混雑が少ないので、

 

写真に集中することができるのがいい。

 

 

写真はRAWで撮影するので、後でWBを変更可能だが、

 

イルミネーションのWBは電球がいいようだ。

 

 

写真の確認は、被写体によりシャッターを押して、

 

時間を要することがある、

 

その際は、表示できるまでじっと待つ必要がある。

 

 

1)夕焼け雲

 

2)アヒルさん

 

3)ビッグハート

 

4)池端イルミネーション

 

写真と分析

  • 2019.12.19 Thursday
  • 09:09

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

何気ない風景の中から、浮かんできたこととは・・・

 

< 残される実 >

 この時期に及んで、ゴンズイの実が残されているということは、

この実には果肉がないようだ。ということは、これを食べても

小鳥は栄養摂取が出来ないということ。だから残される。

 

< 空席ベンチ >

 公園内の通路に立派なベンチが備えてあるが、今まで、このベンチに腰を下ろして座っている

人を一度も見たことがない。座ってみようと思っても、ベンチに苔が生えていたり、濡れていると

座ることを躊躇する。公園のベンチは、誰も座っていなくても、心に憩いにの安らぎ感を与えてくれる。

 

< ロープ越しのモミジ >

 手間に一本のロープが道路沿いに張ってある。ロープから先は侵入ご遠慮下さいという意味か。

モミジには、ロープの存在など分からないが、なぜか人が近づかないように守られているようにも感じた。

だから、長く美しさを放っていられるようだ。

雨上がりの”こんぶくろ池”

  • 2019.12.18 Wednesday
  • 06:49

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 最近、小さな雑木林が宅地に変わっている。

 

住宅が増え、緑のスペースが大きく減少。

 

さぞかし、小鳥や虫たちは困っていることだろう。

 

 

10年前は、小鳥の囀りが目覚まし時計だった。

 

それ程、自然が豊かだったが、

 

今は、それが数羽の烏とはこれ如何に。

 

 

森を保護しない限り、

 

個人で保有するには限りがあり、

 

自然災害の影響を大きく受けることにもなり兼ねない。

 

 

”こんぶくろ”の森は、自然保護公園になっており、

 

ここに小鳥たちの一部が集結していた。

 

また、ボランティアさんの活動のお陰で森が見事に復活していた。

 

 

1)晩秋のかつての野馬の水飲み場、小袋池

 

2)新しくなった歩道

 

3)豊かな湧水

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM