これが益田の桜!

  • 2016.04.05 Tuesday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般

 午後から、高校生の柔道の稽古を見学、

その後、益田川の土手に咲く桜を見ながら

帰宅した。


(1)2年前は、8人しかいなかったが、

   な、何と1年生が16名入部したそうだ。

   ご覧の盛況ぶりでした。




(2)益田川の桜

   誰一人、花見をしていない!




(3) 同

柏も益田も桜の開花時期が同じだった

  • 2016.04.04 Monday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般


東京発07:50の「のぞみ号」で、

新山口経由益田へ。

益田駅着が午後2:25


三時のバスで、久城の自宅へ行く。

 

 関東の桜の開花と

山陰の桜のそれが同じであった。


久しぶりに新幹線に乗車。

そして、長い間豪雨災害の影響で不通に

なっていた山口線を利用した。


新幹線は、大阪までは、

NTTの無料wifiを利用できて便利であるが、

大阪以降の西側の山陽新幹線は

トンネルが多く、また騒音が酷い上、無料wifiは使用不可である。


山陰の桜は、空気が澄んでいるせいか、

桜が一段と輝いて見えた。

が、花見をする人の姿が見当たらない。


そこは、人口の違いだろうか?


写真は、いずれもスマホで撮影。


(1)盆地に位置する「津和野町」

   特急列車の車窓からスマホで撮る

   空気が澄んでいて視界がいい。




(2)卯の花、老人ホームの高台から見下ろす4月の日本海

   遠方の山まで、実によく見える。




(3)本家の広大な土地に咲く桜

   大気が澄んでいるので、桜の輝きが関東と異なる!

 

枝垂れ桜と花桃の競演

  • 2016.04.02 Saturday
  • 06:03
JUGEMテーマ:日記・一般

 寒いと花見で風邪を引くかもと、

低外気温と強い風に負けて、自宅待機。


静岡の草なぎ野球場は2万人の観衆で満員、

日ハム vs ソフトバンク

最近は、パリーグに人気があるようだ。


大谷投手も、寒そう。

調子がイマイチでも頑張る。

抑えの増井投手の暴投で3対3の同点に。

最後は陽選手のサヨナラ打。


(1) 某邸宅の庭の枝垂れ桜
   桜と関係ないが、自家用車が5、6台は車庫にある?


(2) 小さな公園の小さな枝垂れモモ


(3)コンビニ前にある枝垂れ花桃

 

あれから5年経過、「命の電話」 と 「隠された東電会議録」

  • 2016.03.11 Friday
  • 07:12
JUGEMテーマ:日記・一般

 あれから、早や5年が経過した。

大地震が起こる数時間前から、

空の雲が異常な動き見せていた。


何かが起こりそうな気配が立ち込めていた。


自転車の200kmロングライドの練習で、

朝6時前に自宅を出て、笠間神社に到着したのが、

午後1時ごろだった。


笠間に近づく頃から、どうも空に浮かぶ雲が異常だった。

神社から、お土産店に足を運び、

午後2時半頃、大鳥居の前にある休憩所で帰宅準備をしていた。


その時である。突然大きく大地が揺れて、道路は波打ち、

電線は、縄跳びのように大きく揺れ、民家の瓦が

爆音を立てながら落下してきた。


笠間神社の境内に立つ、大きな灯篭が

これまた大きな音を立てて全て倒壊した。

古い民家は2階の屋根が潰れ、1階になっていた。


腰を抜かして、地面に座り込む人、

直ぐにカメラを出して写真を撮ろうと思ったが、

余りにも酷い光景に、シャッターを押せなかった。


道路は、帰宅を急ぐ多くの高校生で溢れ、

笠間駅には、電車が来ないホームには、人が溢れかえっていた。


信号がストップ、停電で、夕方になっても辺りは真っ暗。

帰路、食料品と水を求めて・・・、1軒ほど小さなお店が開いていた。


お店の2階が大きな被害にあったようだ。

それでも何とか、パンと水を提供していただいた。


筑波山から見る筑波の町は、異常だった。

夕方の7時を過ぎても、真っ暗なのだ。

交差点が怖い、頼るのは車のヘッドライトのみ。


小貝川の堤防の道は、数カ所陥没!

もし、あの時間にここを通過していたら、

お陀仏だっただろうと、恐怖におびえ乍、何とか自転車を押して通った。


利根川の橋では、車が大渋滞、

英語でいうと、inch by inch の動きとは

まさにこのことかと。


翌日、スーパーに行くと、

どのお店の食品棚は空っぽ、

全てが買われていた。


ガソリンスタンドへ行けば、

これまた長蛇の列、

列を作らず、勝手に先へ行って喧嘩が始まった。


****************************

 昨夜、NHKで「いのちの電話」という番組で、

被災者の生の声を聴いた。

溢れる涙が止まらなかった。

***************************

 東電の元トップが、「津波は予想できなかった」と

裁判で発言した。

そんな馬鹿なことはない、


東北では、今までに何度もこのような大津波があった。

実際に、町の遺跡にも、墓石にも事実が記されている。

数百年間の過去の出来事を検証していたはずである。


また、このようなことをしなければ、

原発は建設出来ない。

ましてや、太平洋の沿岸に建設するのである。


津波も予想しないで、原発を設置しました。

こんなことをトップは発言したのである。

実際に、数十メートルの大津波対策会議録が残されているのにも関わらず。


「命の電話」の番組を見乍ら、一層悲しくなった。

************************

今日は、You tube で「大津波」の恐ろしさを

もう一度見乍ら、震災について考えたい。

************************


< オドリコソウ >


< 双子の馬酔木 >



< 上手くなりたいなあ >

 

いつか花も見事に散る

  • 2016.03.10 Thursday
  • 09:19
JUGEMテーマ:日記・一般


 いつ見ても、美しい「アマリリス」

特に、花弁が可憐で優雅である。





 「ツバキ」の蕾もまたいいねえ!

咲き誇った椿には勢いを感じさせる。




 かくして、花も盛りを過ぎると、

こうして大地に落ちる。

それにしても随分と落ちているね、


凄い量です。

地面が、花弁で紅くなっている。

写真に付けた公園での推測会話

  • 2016.03.09 Wednesday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般

 三寒四温だ、春だ!

おっと、ずいぶんと暖かくなってきたなあ、

公園にでも行ってみるか。



すると、公園では・・・


子供さんは、常に新しい物事に興味津々!

でも、お母さんは少し、疲れ気味かな?

つい欠伸が出ちゃった(>_<)

「あ~ぁ」




 「ねえ、あそこに丁度いいテーブルがあるわよ」

「じゃあ、そこにしよう」

「りーちゃん、また新しいお菓子出すの?」

「食べないで、しまっておきなさい」

「でも、お腹が空いたんだもん」




「おい、あの赤い桜の花、きれいだねえ」

「あら、一気に咲いてきたわね」

「何という名前だ?」

「あ~ら、カンヒザクラよ」

「そうか」

六本木ヒルズ前のエスカレーター

  • 2015.06.26 Friday
  • 06:17
JUGEMテーマ:日記・一般

 久し振りに朝の通勤電車に乗った。

まずは、柏駅から北千住までの常磐線。

朝の7:40頃、よく混んでいた。


次に、日比谷線で北千住から

六本木まで。

始発のやや込んだ電車がギュウギュウ詰めに。


六本木の手前から、空いてきたが、

早い電車に乗るのは、やめた。


帰りは、秋葉原からXプレス線で

おおたかの森まで。

これは、がら空きでよかった。( ^^) _U~~


 ところで、ヒルズ前の

長いエスカレーターの天井の広告が

面白い。惹きつけるものがあった。


< 貸自転車の広告? >


< いろんな種類のウイスキーの瓶とラベル、飲みたくなる >


< 花に囲まれて >


< 巨大なクモのモニュメント、黒でよかった? > 


< おおたかの森駅前の建設ブーム続く >

東武アーバンパークラインの春

  • 2015.04.04 Saturday
  • 06:21
JUGEMテーマ:日記・一般

 東武アーバンパークラインの春

沿線には桜、ハナモモが満開、

電車の乗客を楽しませていた。


< 江戸川台駅を過ぎて、野田方面に向かう電車 >


< 同沿線のハナモモ >


いずれも、sonyのスマホ、SO-04Fで撮影

千葉の桜はこれから

  • 2015.03.31 Tuesday
  • 06:14
JUGEMテーマ:日記・一般

 東京の千鳥ヶ淵の桜や

上野公園の桜が凄い

な、何と近くの大陸から飛行機で花見にやって来る。


 確かに、桜が綺麗だが、

あれ程の人出では、

周囲の空気は汚れているだろうと思い、

東京の桜はTVやFacebookで見ている。


 一方、千葉の桜は

まだ5〜6分咲きで、

訪れる人も殆どいない。


空気は至ってきれいである。


< 印旛沼河川の桜 >


< 房総の里 >


< レンギョウの黄色 >


< 菜の花の黄色 >

満開合戦

  • 2015.03.24 Tuesday
  • 08:17
JUGEMテーマ:日記・一般


< モクレンも満開 >

 なぜ、それ程にまで白い花を付けて

さぞかし、花弁も重い事でしょうに

あなたの花の下ではお弁当を広げる人は、いないでしょうが 

遠くから、眺めている人は沢山います。

今年も、咲いてくれてありがとさん!



< 桜の下で、準備運動 >

 何か、いつもとは違った感じがする

満開の桜の花が見えるからかな?

さあ、春のスタートだ

身体を解して

今日も、これから走るぞ!



< 寒緋桜を背景に、大寒桜が満開 >

 紅白の桜が満開だ

色んな人が近づいて来てくれて嬉しいな

皆、私達に素敵な笑顔を振りまいてくれています

私達も、あなたのことを見守っていますよ。

ご鑑賞、ありがとうございます。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM