近代農機具で田植えは1人でOK

  • 2016.05.01 Sunday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般

 金曜日29日は、強風が吹き荒れた。

北海道では吹雪のニュース、

夏タイヤで北海道へ行った人は、車を動かせず。


土曜日は、朝の内は静かであったが、

時間が経つに連れて、風が徐々に出てきた。

午前中と午後の風向きは逆でもあった。


そんな中で、午前中は風に押されて、

20キロ、向かい風で20キロ、

都合40キロばかりをのんびりとサイクリングした。


いや、それにしてもロードバイクが多いこと。

江戸川河川敷は、女性のサイクリストの為に

トイレも整備されて雰囲気が良くなっている。


午後、田んぼが気になったので、

最近の田植えを観察することにした。

今や、機械化が進み、田植えは1人でOKである。


一度、運転してみたくもなります。


< 小型の田植え機です。ちょっと可愛い感じがします。 >


< こちらは、大型の田植え機です。 >


< 狭い農道には、軽トラックを停めているので、通行人が気になります。 >



< 空には風を受けて、鳥が旋回していました。 >

 

当然ながら天気は西から崩れる

  • 2016.04.28 Thursday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般

 輪島の朝市を期待したが、

残念ながら、第4週の水曜日はお休み、

キリコ会館は常時オープンだったので、

会館で巨大なキリコを見学した。


江戸時代から能登の各地域で、

夏祭りに使用される巨大なキリコは、

その保管のために数年前に、

りっぱなキリコ会館が建設された。


輪島湾の沿岸に建つ巨大な建物なので、

町のシンボルにもなっている。


朝市が休みだと、街全体に活気がないようだ。

ひっそりとした街をあるのも、変な感じがするので、

早めに空港へ戻った。


水曜日の輪島の街は、風が強く、

肌寒い水曜日となった。

昨日は運良く千枚田へ行けてラッキーであった。


< これがキリコだ! >











 

6年ぶりに能登、輪島へ行く

  • 2016.04.27 Wednesday
  • 08:48
JUGEMテーマ:日記・一般

 9時前の羽田発ANAで、

のと里山空港まで、

飛行時間はわずか1時間。


羽田を離陸して、

少しばかり水平飛行かなと思いきや、

すぐに離陸体制に入り、日本海を見えきた。


能登半島は、小高い山々を連ねている。


既に、桜も散り、山々には、


新緑が目立っていた。



振り返れば、2010年に車に自転車を載せ、

新潟、能登、若狭湾、島根半島を巡って

益田までの旅をしたのが懐かしい。


実は、ANAから連絡が入り、

溜まったマイルを使わないと、減りますと。

それで片道しかないマイルを用いたのであった。



能登・輪島から半島の先端までを自転車で

走行したのが2010年のこと、

確かに、あの頃は元気であり、無理もしたものだ。


輪島では、朝市を。

それから白米千枚田をと。

今回は、撮影の旅である。


空港からレンタカーで一気に行くのが

大半のやり方であるが、

今回は、路線バスと徒歩での旅とした。


その方が、距離感が味わえる。

残念なことに、第4週の水曜日は朝市がお休み、

残るは、千枚田のみ。


昨日、千枚田へ路線バスで行く。

結構起伏がある半島の道、

これを6年前には自転車で一気に走行したのか?


過ぎ去った日々を振り返る。

千枚田は、水が入り、来月の田植えを待っている。

夕日の写真と思ったが、待機時間が長すぎてギブアップした。






















 

田植えの思い出

  • 2016.04.23 Saturday
  • 06:38
JUGEMテーマ:日記・一般

 思い出は、いつになってもいいものである。

故郷の島根・益田での「田植え」の思い出もその一つ。


小学生の高学年生の頃の日曜日、

母と二人で、本家の田植えの手伝いをした。


場所は、山間にある「坂山田」、

名前の通り、坂と山と田んぼから成る。


本家の叔父さんと耕運機を運転し、

現地へ直行。


私の仕事は、苗の束を適当な場所へ

投げ入れること。


それがなかなか面白い。

右腕を伸ばし、

右後ろに大きく振り、一気に放り出す。


それが田んぼに着水する音が

何とも云えない「ボチャ」や「ポチャ」。

山では小鳥が囀り、何とも長閑な光景である。


楽しみは、お昼の時間。

真っ白なお握りを、口いっぱいに頬張りながら、

たわいもない話をしたりして、

仕事をお手伝いした後の食事は格別であった。


< さて、さて水路の確保に行くべさ >


< 田んぼの一本道 >


< よしよし、いたぞいたぞ >

 

午前11時の「あけぼの山公園」

  • 2016.04.22 Friday
  • 14:25
JUGEMテーマ:日記・一般

 昨日の雨も上がり、

朝は風も弱く、昼過ぎ辺りから

気温が上昇しそうな金曜日。


車にカメラを載せ、

三脚を使っての

撮影の練習に出かけた。


< お昼近くになると、人も増えてきたようだ >


< 幼稚園や学校はないのかな? >


< 中高年と筍 >

緑が目に眩しくなりました

  • 2016.04.21 Thursday
  • 07:19
JUGEMテーマ:日記・一般

 私のブログは、「川」が多いね!

と言われたことがある。

それは、そのはず。

いつも土手を自転車で走るのを日課にしているから。(^_-)-☆


今日は、スマホのアプリをruntastic を

ViewRanger GPSにして走行してみた。

走行後に、心拍数の変化をPCで見ようと思ったが、

長い間、使用していなかったので、方法を忘れた。

これも齢のせいか?


胸に心拍バンドを付けて、

心拍数をGarmin 800Jで受けとる。

二ケタの心拍で、のんびり走行を心掛けるが、

どうしても3桁になってしまう。


しかし、手術前のように心拍が大きく乱れなくなり、

心拍数も安定しているようだ。

手術して良かったと思った瞬間である。


< すっかり、緑一色になった >


< 休憩は最高である >


< さあ、田植えの準備だ! 子サギが10羽、見守っていた! >


< 早く鯉、鯉、5月よ! >

 

チューリップと風車がある風景

  • 2016.04.20 Wednesday
  • 06:24
JUGEMテーマ:日記・一般


2011年以来、橋や水門の工事が続いている。

中でも、利根川にかかる橋の工事は長期に渡っている。

先日は、余り目が行き届かない場所の堤防までも。


千葉県は、河川流域の住宅地が多い。

昨年の鬼怒川堤防の決壊もあったので、

危ない箇所が見直されているようだ。


近所にとてもきれいや山道があるが、

また、道端にゴミが投げ捨てられて散乱していた。

ポイ捨てが目立つ。


捨てた人の心も捨てられて泣いていた。

地元の野球部員が清掃活動をしている。

高校生の心にどのように映っているのだろうか?


ミラーに映る風景のように、

自らの行為を映し出して考えてもらいたい。


1)ミラーに映るサイクリングロード


2)咲き誇るチューリップ畑と風車
  これだけのチューリップの管理は大変です。

まだ桜が見られますが・・・

  • 2016.04.19 Tuesday
  • 06:53
JUGEMテーマ:日記・一般

 桜には、カンヒザクラから始まり、

いろんな種類があるので、

その開花時期はかなり幅があるようだ。


花がきれいだと

呑気なことを言っているが、

熊本地方では、そんな場合ではない。


火山&津波列島、日本は有史以来

様々な地震や火山の爆発に

大きな被害を受けてきている。


いつどこで起きるかがわからないが、

せめてその前兆は見逃したくないが、

2011年以来、その危険性は増大するばかりだ。


四季折々の風景を堪能しているが、

地下(地球)では、ものすごいエネルギーが

活発に活動し続けている。


< 近くの小さな公園にて >




< 某宅の玄関前にて >


< 雑木林にて >

 

印旛沼コース90km走行で感じたこと

  • 2016.04.17 Sunday
  • 07:51
JUGEMテーマ:日記・一般

 土曜日は、風も弱く天気も良いということで、

久し振りに朝早く(7時)に家を出て、

印旛沼沼から印西、手賀沼を走行した。


心臓の手術後、5回目の自転車で感じたこと。

1)手術で、内臓が新しくなった感じ

2)この数か月で筋力がすっかり落ちていた


心臓の弁を生まれ持ったものから、

カーボン弁に交換したことから、

身体全体的になじますには、まだ時間がかかるようだ。


何事も無理は禁物で、徐々に体に慣らすことが大切なようだ。


過去の走り方は、一切忘れて新しい走行を身につける必要がある。


自転車の楽しみは、自然との一体感であるので、

この事を忘れないようにしたい。


< 印旛沼周辺も工事が多い >


< 印旛沼周辺は自転車が多い、

  6,7人のグループに2度遭遇したが、

  その中にそれぞれ女性が一人。

  女性だけのグループはいないようだ。( ゚Д゚) >


< 印旛沼の水路にかかる橋 >

 

強風の中で

  • 2016.04.16 Saturday
  • 05:26
JUGEMテーマ:日記・一般

自宅から利根川の栄橋を渡り、

手賀川から手賀沼へ。

60kmの道のり。


島根へ移動していた間に、

桜も散り、道路工事も進行し、

新しい道も完成していたり、

風景が変わっていた。


 風が強い。

風が押してくれる。

but、帰りは注意!


風で身体が冷える。

こんな強風の中でも、

ヘラ竿を出している人がいた。


結構、場所によっては、

風を避ける所があるようだ。


風が強いと、視界がいい。



< 筑波山もよく見えた >


< 幼稚園の「こいのぼり」も気持ちよさそう >


< 海まで94.5km >

< 10日間の空白の間に、一気に風景が変わっていた >


< 利根川の「渡し船」 >

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM