リオ五輪のセーリング会場、グアナバラ湾が警鐘を鳴らす

  • 2016.02.06 Saturday
  • 10:48
JUGEMテーマ:日記・一般

 120万人の人々が暮らしているリオデジャネイロ

な、何とその7割の生活排水が「グアナバラ湾」に

垂れ流し状態とのこと。


水質は透明感には程遠く、異臭、塵が海に漂う。

「グアナバラ湾」は巨大なトイレなのである。

この巨大トイレの中で、「セーリング競技」が実施される。


10年前、バングラデシュを訪問した際、

学校へ通えない子供たちが、裸で川へ飛び込んで遊んでいた。

当然乍ら、その川も垂れ流し状態の川であった。


アジアの国々は多くの塵を出し、

そのまま河川、海へと流れている。

今、世界の海では「マイクロプラスチック」が大問題だ。


これらが、様々な生物の体内に取り込まれるからである。

その数、何と推計5兆個以上。


先日、島根益田の海岸を散歩した際、

朝鮮半島から流れついた、漁具や大きなプラスチックがあった。

プラスチックは、なかなか分解されない。


今後、プラスチックに替わる物質が出てきて、

プラスチックは使用禁止になるだろう。


リオデジャネイロも、リオ大会終了後、

国を挙げて、環境問題に取り組み、

生活排水を、「垂れ流ししない」、「きれいな海を取り戻す」

対策に大金を注いで欲しい。


セーリング競技に出場する選手は、

事前、事後の自らの健康管理に万全を尽くして欲しい。

終了後は、精密検査を受けて、健康管理に努めて欲しい。


グアナバラ湾がいかに汚染されているかは、

多くの魚が死んで浮かび上がっていることから、

海中に十分な酸素がない = 海水が汚染度が高すぎる


オリンピックは、環境に恵まれた場所で開催して欲しい。


< 紅梅 >


< 大根 >


< カラスウリ >

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM