200キロを超える大型力士の技とは?

  • 2015.11.13 Friday
  • 07:13
JUGEMテーマ:日記・一般

 大相撲の観客数が突然、満員大入りを割ってきた。

相撲中継を見ていると、土俵の周辺は確かに観客で埋まっているも、

もう少し離れた所では、明らかに空席が目立っている。


八百長事件で、下火になった大相撲人気であるが、

最近、人気が回復したかのように思っていた。

取組み内容を観察していると、その意味がわかるような気がする。


一つに、大型力士が多くなってきたことが言える。

体重が200キロ前後の力士が多いと、どうなるか?

まずもって、動きが鈍く、切れ味鋭い技が極めて少ないことである。


大型力士の決まり技とは、単なる「寄り切り」が多い。

たまに土俵際での振り回しが見られるが、全く技が見られない。

これでは、見る側からすれば、面白くない。


加えて、身体全体から「闘志」が沸き上がっていない。

プロとして、「見せる」立場の力士である。

個性豊かな「技」、「型」を身に付けて欲しい。

そして、身体全体から伝わってくる「やる気」が欲しい。
このままでは、大相撲も再度「危機」が訪れるかも?


< 手賀沼の遊歩道にて >​

 





 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM