楢葉町の避難解除と4年半の歳月に思う

  • 2015.09.06 Sunday
  • 06:49
JUGEMテーマ:日記・一般

 昨年の秋、福島県の楢葉町、町内を
車で廻った。

大きな町があるが、生活の空気が流れていない。
生活の気配が全くない。
駅のホームや線路上の長く伸びた草。

コンビニ前にある駐車場の伸びた草。
一軒、一軒のりっぱな家があるが、
人の気配が全くない。

人の姿が見えなければ、犬や猫の姿もない。
海に出れば、壊れた残骸が目を引く。

異様な雰囲気に恐怖感を抱いた。

それから、一年後、避難指示が5日に解除された。

戻って、生活しようにも自宅中はカビが生え、
ネズミに荒らされ、背丈を超える草木が生い茂っている。

病院もない、コンビニもない、街灯もない。
知り合いもいない。

原子力発電所建設当時、誰が
このような事を想像しただろうか?

原発の事故は、人間が住めない町にしてしまう。

家は、人が住み、利用し、手入れしなければならない。
町は、人と人の繋がりがなくてはならない。
食生活に必要なものがなくてはならない。
健康を維持する生活基盤がなくてはならない。
働く口や使用可能な土地がなくてはならない。

* 活気ある町には、祭りがある。

< 以前は、山だった柏市たなか、柏の葉キャンパス駅前にて
  第7回 ふるさと田中みこし祭り」が開催された。 >

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM