「匂い椿」 に魅せられて

  • 2016.03.07 Monday
  • 06:07
JUGEMテーマ:日記・一般


 この花の名は、

「匂い椿」という。


もうすぐ、孫が小学1年生になる。

まるで、入学式を迎える児童のようでもある。


花は、小さいが、見ていると

引き込まれそうにもなる。

優しい花色と云える。


昨夜、NHKで被爆後の福島・被災地の実態をTVで見た。

人が住まなくなると、

人の代わりに、動物が居座る。


イノシシ、アライグマ、猿 etc.

やはり、家には人が継続して住まなくては・・・

空家は朽ち、動物の住み家と化していく。


そんな「やるせない」・「遣る瀬無い」気持ちを、

この「匂い椿」は

慰めてくれる。






















 

曼珠沙華が咲く頃

  • 2015.09.17 Thursday
  • 06:40
JUGEMテーマ:日記・一般

 何気ない風景の中に、

今年も真っ赤な「曼珠沙華」が、緑の中に顔を覗かせている。

猛暑の連続だったあの8月も、遠のいているようだ。



 ふとカレンダーに目を移すと、

赤い文字が4日間連続している。

シルバーウイークと言うらしい。


 遠出するにも、

近場で身体を休めるのも、

どちらも、思い出に残る日々であってほしい。

ブルーアイ(青い瞳)に酔った男

  • 2014.10.19 Sunday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般

つくば植物園に出向いた。

ここは大変良く管理されており、

じっくりと観察できるのが利点だ。


また、東京や幕張方面と違って、

車でも容易にアプローチできる点が良い。


花の名前と写真を並べて、カメラの中で整理していたが、

いざ、パソコンに移すと、なぜかバラバラに配置されており、

何が何だかわからくなっていた。


何度も、確認してようやく名前が判明。

特に、(3)の青い瞳を持つ小さな花が、素敵だ。

その名も「グロブラリア・サルコフィラ・ブルーアイ」という。


そのブルーアイ(青い瞳)に魅かれて、

凝視していたら、いつの間にか花の魅力に酔ったようだ。

いつまでも、ブルーアイの光景が脳裏を離れなかった。


(1)紫紺ノボタン


(2)エウフォルビア


(3)グロブラリア・サルコフィラ・ブルーアイ


それぞれの花を眺めていると、
どうしてこれだけ、繊細に出来上がっているのか不思議である。
花の配色が何とも言えない。

特にこのブルーアイの周囲の白の領域と円周のメシベ、
一体どこの誰が設計したのだろうか?
万物を創造した神に他ならない。
 

露草と私

  • 2014.09.01 Monday
  • 06:00
JUGEMテーマ:日記・一般




 夏草の中にちっちゃな青い点を見つけた。

よく見ないと、見逃すほどの大きさだ。

ぐーんと近づいてその花を観察した。


 二枚の大きな青色の花びらと

舌を下に突き出したような長い2つの雄しべが印象的な

「露草」だった。


 露草を観察していると、小さな蜂がやって来た。

X字形をした黄色い雄しべに舌を入れているようだった。

蜂からは、露草がどのように映るのだろう?


 露草は独特な形をしているので、

蜂にとっては、見つけやすい的になっているのかも知れない。

何枚か接写してカメラに収めた。


 すると、左手の親指辺りが痒くなった。

じっと屈んだままの姿勢でカメラの構えていたため、

藪蚊にかまれたようだ。


 露草の私、

花に対して向かっていた自分に対して、

2種類の昆虫が存在があった。

別に何もなかった日の花

  • 2014.08.18 Monday
  • 06:20
JUGEMテーマ:日記・一般

 別にこれといったことがなかった。

目の前に飾ってあった花を写真に収めた。



 そうして、花瓶の花を眺めた。

白、ピンク、赤、蕾、

とてもバランスよく生けてある。


 じっと見ていると、花を生けた人の気持ちが

伝わってくるようだった。

花は言葉を発しないが、花全体が気持ちを癒してくれた。


 花を眺めて、何かフレッシュな気持ちになった。

そして、今度は自分を見つめてみたくなった。

雨と薔薇

  • 2014.06.07 Saturday
  • 05:10


 先週、島根県の津和野町の河川沿いを自転車で走行した。

あの一年前の集中被害の痕跡が全く消されていなかった。

特に、目についたのは、山林が大きく崩れている箇所が多かったことである。


 なぜ、山林が脆く崩れるかと云えば、

どうも植林の種類に問題がありそうだ。

地中にしっかりと根を張る樹木を選定して植林する必要がある。


 「成長が早い、お金になる樹」といった単眼的な考えでの植林は、

あとのつけがとても大きいようだ。

しっかりと根を張り、山崩れを起こさない植林でなければならない。


 一度、山が崩壊すると、河川や道路が寸断される。

そうなると、復旧工事が必要になるが、

問題はその工事を担う人間の不足である。


 聞くところによれば、災害などの復旧工事現場で働く若者の減少、

インターネットの時代では、このような職場に応募者が

年々少なくなっており、復旧工事も相当な時間を要するようだ。


・・・・・

 一日中、雨が降り続いた。

雨にも負けず、自宅の薔薇は元気だった。

<  恥ずかしそうに >


< 雨に打たれても >


< 物陰に咲いて >
 

つぼみ

  • 2014.03.06 Thursday
  • 06:10
JUGEMテーマ:日記・一般

 天真爛漫な子供は可愛い。

真っ白なキャンパスにこれから

どのような絵を描くのだろうかと想像するだけで楽しい。


 花の蕾もどうような点がある。

これからどんな花を咲かせるのだろうかと想像する。

花の命は短い。


 花は今日は蕾であっても、

明日になると開花する場合もある。

天候に大きく左右される。


 人の場合は、環境の大きく左右される。

大らかで、他人を想いやる子供に成長して欲しい。

自ら努力する子供に成長して欲しいと。


 これらの蕾は、一体どのような

花を咲かせるのだろうか?


(1)つばき


(2) 梅


(3) さくら

ロウバイを尋ねて

  • 2014.01.29 Wednesday
  • 05:40
JUGEMテーマ:日記・一般

 ロウバイは、ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木。
1月から2月にかけて黄色い花を付ける落葉広葉低木。
花の香りは強い。
名前に梅がついているためバラ科サクラ属と誤解されやすい。
唐の国から来たこともあり唐梅とも呼ばれ、中国名も蝋梅であったことにちなむ 。


 ロウバイ、冬に咲く黄色の花

最近、車体の色が黄色が増えてきたが、

ロウバイの場合は黄色ではあるが、

その色が独特である。


 なぜか、車体の色を

ロウバイの花の黄色のように

できないのは何故か?


 というよりも、

この花自体が持っている

黄色の色が魅力的すぎて、

同様な色を車体には表現できないようだ。









PS
  南十字星  サザンクロス



✪ ✪ ✪   金銭はすべての必要に応じる ✪ ✪ ✪


食事をするのは笑うため。

葡萄酒は人生を楽しませる。

金銭はすべての必要に応じる。


Feasting makes you happy

and wine cheers you up,

but you can't have either without money.

小さな世界

  • 2013.08.29 Thursday
  • 22:04
JUGEMテーマ:日記・一般


 ニコンD600にタムロン90mmのマイクロレンズを付けて、

家の前で見つけた花、植物を近接撮影。


 ダイナミックな景色の違って、

小さな世界にも、大きな景色を感じた。


< 露草 >


< 秋の七草のひとつ、葛の花 >


< 紫陽花の近くで見つけた、線香花火のような花? >


☆☆☆ Proverbs 13-3, 4, 5 ☆☆☆

3 Be careful what you say and protect your life. A careless talker destroys himself.

4 No matter how much a lazy person may want something, he will never get it. A harder worker will

get everything he wants.

5 Honest people hate lies, but the words of wicked people are shameful and disgraceful.

対比

  • 2013.08.11 Sunday
  • 19:39
JUGEMテーマ:日記・一般


 先日、家内が昔のアルバムを見ていた。

すると、そこには私の30代の写真があった。

表情には若さと情熱があった。


 人間、誰でも齢を重ねるが、

目標、やりがいを持つことで、

年相応の輝きがでてこよう。


 炎天下の中で、

昨日は、美しいユリの花に出会った。

今朝は、畑に咲いた倒れそうな向日葵を見た。


 最後まで、頑張る向日葵を見ながら、

人は美しい花には目を留めるが、

盛りの過ぎた向日葵にも人を惹き付けるものを感じた。


< ユリ >


vs.

< 向日葵 >



☆☆☆

Don't be glad when your enemy meets disaster, and don't rejoice when he stumbles.

The LORD will know if you are gloating, and he will not like it; and then he might not punish him.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM